ノアコインの住所に運営がしっかり存在していると報告あり

Twitterでevoraさんがノアコインの住所に運営がしっかり存在していると報告してくれています。

これで架空の住所ではないと安心できます。

仮想通貨業界では、運営が架空の住所ということは多々ありますから。

ノアコインは、しっかりしていてさすがにそんなことはなかったようですね。

ノアのロゴもしっかり写真で撮ってきたみたいです。

evoraさんのTwitter是非ご確認ください、

ノアコインの今後が楽しみです。

BITRUSTでエアドロップ実施中!BTFもらっておきましょう

BITRUSTは、ピア2ピア暗号化保険プラットフォームを目的としているICOです。

今現在ICOを実施中で、1イサーリアムで、13000BTFに交換できます。

BITRUSTは、日本語にも対応している、取引所型なので、上場しなくても両替ができます。

 

現在、エアドロップ実施中でサイト登後、SNS拡散で、無料でBTFがもらえます。

エアドロップ手順

メールアドレスとパスワード設定

メール認証

ログインして、イーサアドレスを設定

SNSで共有したり、TwitterフォローしたりするとBTFもらえます。

以上

 

損はありませんので、登録だけしておいておくことを強くお勧めします。

毎日100swiftを配布し続ける、Swiftdemandに登録しておきましょ

毎日仮想通貨を無料配布し続けるSwiftdemand。

この仮想通貨の目的は、ネット上にベーシックインカムのシステムを導入するために作られた通貨です。

ただただ仮想通貨を配布し続けます。

swiftは、今のところ、上場もしていないので他の通貨に両替できたりはしません。

そのため、今現在の価値は不明です。

運営会社なども不明で将来性は、正直よくわかりませんがどうなるかわかりません。

登録に必要な項目は以下のとおりです。

  • First Name:名前
  • Last Name:苗字
  • Email:登録メールアドレス
  • Swift ID:サイト状で使うユーザID
  • Password:パスワード(最低6文字)
  • Confirm Password:パスワード確認用

草コインを扱っている取引所などに上場したらと考えるとお勧めせざるを得ません。とりあえず登録だけ済ましておきましょう。

バンクエラがHitBTCに上場間近とのこと

バンクエラがHitBTCに上場間近とのこと。

HitBTCは、ICO後の上場をいち早く受け入れることで有名なイギリスの取引所です。

最近では、インダハッシュやノアコインの上場で日本人のみなさんにも知られました。

バンクエラは、色々言われましたが、運営側にかなりスピード感があり結果的にこういった上場ニュースが聞ける優良ICOとなりました。

HitBTCは、今現在、日本に居住している人でも、口座開設が可能です。

海外の取引所ですが、2段階認証もあるので、ある程度は安心感がある取引所です。

バンクエラをお持ちの方は、吉田さんのページに口座開設方法が詳しく掲載されていましたので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

Social Exchange Coinが超簡単エアドロップを実施中!

Social Exchange Coinがエアドロップを実施しています。

イーサアドレスとEメールアドレスのみで参加できます。

この案件は、正直信頼性があまり高いとはいえず、必ずコインをもらえるかはわかりませんが、一応登録しておきましょう。

セキュリティーのため、イーサアドレスは、エアドロップ用に用意したものを使ってくださいね。

今後もエアドロップを参加する方でした、エアドロップ用にイーサアドレスを複数用意しておくといいかもしれませんね。

間違っても取引所のイーサアドレスを入力しないようにお願いします。

Expertyのデータベースがハッキングされたようです

Expertyのデータベースがハッキングされた模様。

氏名、メアド、イーサアドレスなどが漏洩した様子。

パスワードの漏洩は、今現在調査中とのこと。

みなさん、サイトごとに必ず別のパスワードを使うようにしましょう。

 

自分の身は、自分で守る時代ですね。

奏コイン:先着配布人数35,000人までAirDrop実施中!

奏コインが、先着配布人数35,000人までAirDrop実施中です。

モノづくりを応援するトークンです。

受付開始 : 2018/04/07 17:00:00 (JST)
受付終了 : 2018/04/28 23:59:59 (JST)
配布人数 : 35,000人
配布量 : 100,000KNDC/人

必要なのは、メールアドレスとイサーリアムウォレットアドレスです。

ICO後にどうなるかわかりませんが、もらえるものはもらっておきましょう。

 

マウントゴックスの元CEOがまたリッチに返り咲きそうだ

MtGox社は、すでに破産申請している。

MtGox社の破産管財人により、保有資産の約16万ビットコインとビットコインキャッシュを今現在取引市場にて、売り処分している。

この合計額が、昨今のビットコインの値上がりにより、合計約1200億円以上になる見込み。

この残った資産のうち、480億円相当を被害者の補償にあてる。

それでも残った資産は、日本の破産法では、株主に分配されるとしている。

元CEOマルク・カルプレス氏も主要な株主であるため、再びリッチになりそうとのこと。

それに対して、マルク・カルプレス氏が残った資産を受け取ることを快く思っていないようだ。

 

元CEOマルク・カルプレス氏は、流出事件を起こしてしまったものの、本当は真面目でいい人なのかもしれない。わからんが(汗)

Gift.ONE:世界最大のデジタル通貨エアドロッププラットフォームでエアドロップ中

エアドロッププラットフォームのGift.ONEでエアドロップ中。

Gift.ONEは、世界最大のデジタル通貨エアドロッププラットフォームです。

新規登録で100GIFTがもらえる。

さらに友達紹介で100GIFTがもらえる。

1GIFT=0.2米ドル

毎日ログインするともらえるログインボーナスもあります。

登録に必要なのは、メールアドレスだけです。

ストロングハンズのマスターノードは、2018年5月31日に実装予定

ストロングハンズのマスターノードは、2018年5月31日に実装予定です。

75億SHNDで1500SHMNになり1マスターノードを建てられます。

(すなわち、既存のSHNDが75億枚で1マスターノード)

SHMNの供給量は、400万枚とかなり少なめです。

なお、スマートフォン向けのモバイルウォレットも公開されるとのこと。

詳しくは、ニュースレターでご確認頂けます。